はてなの毎日

日々の思いを、思うまま

省エネ主義

 自民党政権下で原子力発電所が再開することは明らかなことでした。原発はかつての自民党の長い政権の独占時代の産物であり、これを否定することは自らの過去を否定することに他なりません。

 反原発の運動も各地で起きているようです。残念ながら国民の多くはこの動きには同調できません。なぜなら単なる反対では説得力にかけるからです。原発なくしてこれからの生活はどうなるのか。代替案はあるのかという疑問について答えてくれないからです。

 多少、いや場合によってはかなり生活水準を下げることになっても、後世の子孫のためにエネルギー消費を減らしましょう。100年以上前のレベルになり、平均寿命も下がるかも知れませんが、とにかく省エネです。といった省エネ原理主義のようなものを唱える人はいないようです。

 この問題は人間の存在理由に関わるのです。

広告を非表示にする