はてなの毎日

日々の思いを、思うまま

島唄

 政府はサンフランシスコ講和条約締結を記念する行事を行いました。安部首相の見解は世界に頼られる強い日本にするというもの。国防軍構想を胸中に行なう発言の意図は明らかです。沖縄はこの条約の除外条件となり、その後もアメリカの支配を受け続けました。その意味において、この式典は沖縄の住民の心を無視したものになってしまいました。

 「島唄」は沖縄の出身ではない宮沢和史さんが作詞作曲し、THE BOOMの楽曲として大ヒットしました。表面上は若い青春の失恋の思い出を歌ったかのような内容ですが、実は沖縄戦の悲劇を踏まえた深刻なメッセージだといいます。琉球音階に乗せた軽快な音楽に含まれる哀切を私たちは感じ取らなくてはなりません。

広告を非表示にする