はてなの毎日

日々の思いを、思うまま

大統領制の厳しさ

 韓国の朴槿恵大統領の弾劾は職務停止という決着になりました。韓国の歴代大統領は多くが不幸せな結末に終わっており、今回も最悪の終わり方になってしまいました。他国の政治についてはあれこれ言うことはありません。ただ、大統領というのは巨大な権力であるとともに、脆いものでもあるということを思い知らされました。

 朴正煕の娘ということで権力につきながら、父の持っていた親日の印象を払拭するためにいろいろな無理をしてきた朴槿恵氏も、今回のスキャンダルで一挙に政権を去ることになってしまいました。沈みかけた船からは造反が相次ぎ、だれもが次の船に乗り移ろうとする。そんな姿を想像してしまうのが今回の韓国の政局です。

 日本のように内輪で総理が決まっていく制度もどうかと思いますが、大統領制というものは相当有権者がしっかりしていないと損失が大きいのではないかと考えさせられました。

広告を非表示にする