はてなの毎日

日々の思いを、思うまま

演劇の手法

 演劇は現実の物まねでありながら、物まねを超えるものがあります。舞台の上のリアリティといったものです。この演劇上の手法を現実が模倣することがあります。芝居がかったこと、というのはその度合いが強すぎる場合の非難ですが、程度を抑えた演劇の模倣は誰しもが経験していることでしょう。
 現実の人間関係に行き詰まったら、演劇を観るといいかも知れません。できれば演じてみるといい。鏡の前での一人芝居でさえ、現実を打開するヒントになりそうです。

広告を非表示にする