はてなの毎日

日々の思いを、思うまま

東宝ゴジラ復活か

 ハリウッド製ゴジラの成功が要因になったのか、本家である東宝ゴジラシリーズの制作を発表しました。2016年公開とのことです。興行的なめどがたったことが再制作の要因に違いありませんが、日本でこのシリーズをつくるとなると気になることがあります。

 ゴジラは1954年に登場した際、ビキニ環礁での水爆実験で目覚めたという設定をとったため、歴代のシリーズで核問題や原子力発電に対する風刺がさり気なく扱われてきました。もちろん、政治的メッセージが主たる目的ではないので、この方針は後発映画では濃淡があります。あくまで娯楽映画であることは間違いありません。

 ただ、いまゴジラを日本で作るとなると、原発事故の問題をどう扱うのかを注目せざるを得ません。自然の脅威の具現化としての怪獣を描くのか、あくまで収益を狙ったモンスターなのか。それによって作品の世界は大きく異なったものになるでしょう。

 子供の頃、まったく無心に恐怖の世界に心奪われていた私ですが、いまはゴジラを超えた恐怖を知るつまらない大人になってしまいました。

広告を非表示にする