はてなの毎日

日々の思いを、思うまま

山陰地方の地震

 深夜から未明にかけて島根県西部を震源とする地震が頻発しています。地震のニュースはしばらくなかっただけに最大震度5強の報道に驚いています。この場所では以前から地震が起きており、一連の活動の一つなのか、新たな活動の始まりなのかが気になります。

 日本はどこでも震災に直面する可能性があります。その不安定さがこの国の特徴であるともいえます。不可抗力があることが前提となっているからこそ生まれる国民的思考があると思います。それは時に刹那的であり、時にしたたかです。

 地震のニュースがある度におののきながら、直ぐにそれを忘れてしまうのは、私個人の責任だけではなく民族の血によるものではないかと考えたりするのです。

広告を非表示にする