はてなの毎日

日々の思いを、思うまま

18歳成人

 投票権人口を18歳に引き下げる事案について法案が実現に向かっています。それとともに民法上の成人年齢も18歳にしようという流れがあるらしい。世の中に責任を持つ年齢を下げること自体には問題はないと思います。そもそも古代の成人は数えで15歳前後であったといい、女子の場合はさらに下がるともいわれています。大人と子供の境はあくまで便宜的なものに過ぎません。それが証拠に各国で成人年齢の規定にはばらつきがあります。

 少々問題に思うのは18歳というのは高校3年生に当たり、ほとんどが卒業前に成人になることです。高校生が成人というのは習慣的に違和感がありますがそれは時間が解決するはずです。むしろ、その年齢が学校教育の影響を濃厚に受ける時期であることに注意したいのです。教員である私がいうのもなんですが、高校生は学校教育の影響をまともに受けます。となると、教育の方法が国民の意思決定により重大な意味を持つことになりはしないかと思うのです。杞憂を重ねれば教育が政治利用される可能性もないとは言えない。もちろん、教育機関がそういう外圧をはねのける必要があるのは当たり前のことなのですが。

 その点、大学に入って数年たったあとならばその「呪縛」から解放される可能性は高く、ある程度、個人の意見も持ちやすいのではないかと思うのです。

 そのような意味から私は18歳成人制度には慎重であるべきだと思います。少なくももっと議論を重ねるべきではないでしょうか。

 

広告を非表示にする