はてなの毎日

日々の思いを、思うまま

和紙の魅力

  和紙がユネスコの世界無形文化遺産に追加されたそうです。格付けにどれだけの意味があるのかは疑問ですが、その価値が見なおされることには意味があります。

  和紙はそれ自体が工芸品ともいえるものです。独特の風合いや、色合いの多様性などは見るものを引きつけます。それとともに実用品でもあることが重要です。古文献の多くは和紙に書かれ、数百年もの耐久性を誇ります。現在の紙が数十年の短命であることとは対照的です。
  和紙が文化を時間を超えて伝達するメディアであったことも大切な要素でしょう。思えば身の回りに和紙で出来ているものは封筒と便箋くらいしかありません。もっとそのよさを感じることができる生活をしたいと思います。
広告を非表示にする